頭の衰えやもの忘れの超早期発見のキッカケに! カードをこすってニオイを嗅ぐだけ。頭の衰えを簡単にチェック! 1、テレビ番組で何度も話題に! ワールドビジネスサテライト・ちちんぷいぷい・ノンストップ・ニュースOneなど
									   2、数多くの新聞に掲載実績! 日本経済新聞・東京新聞・中日新聞など
									   3、数々の健康系イベントに出展!世界健康首都会議・オレンジフェア 2017~認知症とともに生きる~など

ニュース番組で「はからめ」が紹介されました!(東海テレビ「ニュースOne」2018年6月20日放映

東海テレビ「ニュースOne」の「くらしOne」というコーナーで、「はからめ」をご紹介いただきました!
キャスターの高井一さんにも「はからめ」をご体験いただきました。ぜひご覧下さい。

簡単楽々!アプリ版公開記念限定!アプリでチェックなら通常4,500円よりも断然お得!アプリ版通常2,250円のところ送料無料で980円(税抜)【内容物】ニオイカード10枚、アプリQRコード、シリアルナンバー、利用説明書 アプリでは難しい、紙で結果が欲しいという方には郵送チェック!送料無料で4,500円(税抜)【内容物】
														  ・ニオイカード10枚・取扱説明書・解答用紙・返信用封筒 \年に一度のチェックが、早期発見のキッカケに! /アプリ版お申し込みはこちら 郵送版キットでのお申し込みはこちら
頭の衰え・もの忘れになったらこんなに大変… ついさっきのことが思い出せない 自分の年齢や家族がわからない 理解が遅く些細な変化で混乱してしまう 買い物で同じものを購入してしまう 感情のコントロールがうまくできない そこで! 早期発見や早期予防が重要なもの忘れ。 「手遅れになる前に症状に気付けた」「予防をしっかりとできた」「問題なくて安心できた」とお声をたくさん頂戴しております。そんな皆様からいただいたご感想の一部をご紹介いたします。 半信半疑でしたが…【h.aさん/30代 女性】早い段階でしかも簡単に症状に気付くことができる点がとても良いと感じました。実際、祖父が重度の認知症だったので少しおかしいなと思ったときに「はからめ」があったら早くに病院にかかるきっかけになり、対処もいろいろできたのではないかと思いました。 参考になりました【k.sさん/40代 男性】はからめの検査結果は、一般健常者の平均値や認知症患者の平均値、そして自分の傾向を分析して掲載してくれるので、自分がどのような匂いの分野において優れているのか?劣っているのか?や、認知症患者との数値と比べて自分はどのくらいの値か?等の、客観的情報をグラフや表を使ってわかりやすく示してあるので、自分の身体状況を知るよい参考となりました。 使ってよかった【h.tさん/50代 男性】父親が現在認知症です。
									   自分も認知症にならないか不安ではからめ に興味があり試してみました。
									   一枚目のカードのニオイが分からず 結果が届くのが怖かったのですが、はからめを試してから、嗅覚と 認知症ということに対し敏感になりました。 たまたまアロマが認知症予防に良いという新聞記事を発見し、アロマを使い始めたところ効果を実感したく、改めてはからめの1枚目の カードを嗅ぐとニオイがわかるようになりました。はからめとの出会いによってこのような気づきを与えていただいたことに感謝しています。 最近、あんまりニオイを感じない・・・こんなことを日常生活で、感じたことはないですか? それ、もしかしたら頭の衰えのサインかも! なぜ、ニオイと頭の衰えが関係あるのか?こんなお話聞いたことありませんか? ニオイで記憶を思い出す ニオイを感じ取れず好んでいた食べ物が食べられない 実は! 嗅覚と記憶には深いつながりがあると言われています。
									   人間の脳は記憶を司る『海馬』という部分があり嗅覚を司る嗅神経が海馬につながっています。
									   ニオイを嗅ぐことで、嗅神経が刺激されその刺激が海馬まで届いて記憶が想起されることが知れています。
									   ニオイがわかりにくくなったからといって、必ずしも「頭のはたらき」が弱まっているわけではありません。
									   しかし、鼻に関する特別な病気を持っているわけでもないのに、急激に「匂いがわかりにくくなる現象」が出た場合、その後数年で急速に「頭のはたらき具合」が低下する可能性が上がります。
									   普段の日常生活では、意識することが大変難しい事だからこそ、出来るだけ早い段階での発見・対策をしていくことが大事です。 このように頭のはたらきと嗅覚には密接な関係性があるのです。 そこで! 頭のはたらき具合の低下をはからめのニオイカードで簡単チェック! カードをこすってニオイを嗅ぐだけ この10種類のニオイカードは、日本人に馴染みの深いニオイを選びさらに、頭の衰えに関係深いニオイに選定しています。実際に頭の衰えが進行してしまった方達がよくわからないと言われたものや、頭の衰えとの相関があまり出なかったものを外すことで、より精度を高めています。そのため、正当率に合わせてもの忘れリスクを推定することが可能となります。 アプリで簡単3ステップ STEP1 ニオイカードを1枚ずつ袋から取り出し、【軽くこすってください】と書かれた円の中をこすります。 STEP2 軽くこすることにより、こすった部分からニオイがしてきますので、そのニオイを嗅ぎます。 STEP3 確認したニオイが何のニオイなのかを専用アプリに解答してください。その後アプリに結果をお届けします。 郵送でのキットを選ばれた方は付属の解答用紙を、郵送の必要があります。
									   ※嗅覚に関するなんらかの病気をお持ちであったり、風邪などで鼻がつまっている場合は、正確に結果が出ない場合があります。予めご了承下さい。 
									   ※このキットは、認知症を断定するものではございません。 後日、詳しい結果レポート アプリにて入力や解答用紙を送付していただきました
									   解答内容をもとに、コンピュータで結果を分析しレポート化します。 結果レポートは、アプリの場合は アプリ内で確認、郵送の場合は解答用紙を発送いただいてから約10日前後でお届け致します。
									   連続して検査を実施なさっている方は、過去の検査結果との比較もわかるようになっております。 結果レポート メディアで取りあげられる、はからめの実力! 頭の衰えは、自覚症状なども弱く自分では気付きにくいからこそ、定期検査など気付くキッカケが必要です。 そのキッカケ作りの簡単さや精度が評価されて、様々のメディアではからめが取り上げていただいております。 掲載メディア そのほかにも新聞や雑誌でも数多く取り上げられています!
MBS
2015/02/04(水)13:55~ ちちんぷいぷい【メディカルジャパン2015】認知症リスク検査キット「はからめ」
フジテレビ
2015/01/28(水)9:50~ ノンストップ【人生ドック(認知症の予防法③嗅覚の衰えを見逃すな)】認知症リスク検査キット「はからめ」
テレビ東京
2014/11/28(金)23:00 WBS【トレたま】認知症リスク検査キット
日本シニアリビング新聞
2017年5月31日付 日本シニアリビング新聞 掲載
日本海新聞
2017年6月4日付 日本海新聞(鳥取) 掲載
大阪日日新聞
2017年6月4日付 大阪日日新聞(大阪) 掲載
毎日新聞
2017年6月8日付 毎日新聞(名古屋)夕刊 掲載
南海日日新聞
2017年6月4日付 南海日日新聞(奄美) 掲載
FujiSankei Business i.
2017年6月10日付 FujiSankei Business i.(大阪) 掲載
中部経済新聞
2017年6月6日付 中部経済新聞(名古屋) 掲載
神戸新聞
2017年6月10日付 神戸新聞(神戸)夕刊 掲載
岩手日報
2017年6月9日付 岩手日報(盛岡) 掲載
他多数掲載
いろんな媒体で紹介されています。
もちろん! 話題になるだけのしっかりとした裏付けのもとはからめは作られています! ー開発秘話ー
									   当時はからめ担当者のお母さまが20年に渡り、ガンとの闘病生活をしており、同時進行でアルツハイマーも発病しながら生活をしていました。
									   その時には「ニオイ」に対し鈍感になっている姿を早期に見つけていましたが、「ニオイ」に鈍感になる事実と「頭のはたらき」の関係性に気が付けませんでした。
									   お母さまが亡くなられたあと、ニオイと頭のはたらきの関係性について研究している先生との出会いが、はからめの開発に取り組みはじめたキッカケでした。 味覚障害による認知症のサインを見逃さないことが重要! 統合医療研究所 T-LAB 所長 神保 太樹 トリノ大学医学部客員教授、愛知医科大学非常勤講師、日本アロマセラピー学会副理事長、日本健康応用医学会理事、日本補完代替医療学会幹事等を歴任し、脳における嗅覚の認識経路を応用した脳リハビリテーションの技術開発や、認知症の新しい診断・治療アプローチなどを開発し、実用化してきた。様々なメディアを通して脳神経健康科学の普及を目指している。 認知症と嗅覚の関係は良く知られていますが、1980年頃には病理学的に指摘されていました。
									   特にアルツハイマー型認知症においては、嗅内皮質が最初に冒されます。
									   その結果として嗅覚障害が生じる為、従って嗅覚障害は脳神経疾患の重要なキーワードであると考えられています。
									   我々の研究では、アルツハイマー型認知症の患者さんと健常な高齢者とを比較すると、アルツハイマー型認知症の患者さんでは嗅覚障害の検査成績が顕著に低下していることが分かり、
									   感度特異度とも80%程度であることが分かりました。さらに嗅覚障害がある場合、アルツハイマー型認知症になるリスクが4倍以上であることも分かりました。
									   従って、このような研究結果から中枢神経が冒されることによる嗅覚障害を早く見つけることは、超早期発見に繋がると思われます。
									   今、認知症の根本治療薬は未だ無い状況で有り、超早期発見と適切な生活への介入を含めた統合医療が今後の認知症対策には極めて重大ですから、嗅覚障害によるサインを見逃さないことが、長寿健康社会には重要だと考えています。 ご家族・高齢者に寄り添う方々へ 「頭のはたらき」が弱まっている人への対策を少しでもサポートしたい。そんな想いから「はからめ」が生まれました。 頭の衰えやもの忘れが悪化してしまうと、
									   徘徊やご飯を食べたことを忘れる、家族を他人と
									   勘違いするなど自分だけでなく周囲の人たちに迷惑をかけてしまうこともしばしば…
									   さらにどんな方でも頭の衰えに悪いイメージしか持っていないから、自分に症状が表れても『認めたくない』と、何もせずに、どんどん症状が進んでしまうことがあるのです。
									   でも頭の衰えは初期であれば症状を軽い段階である期間留めておける可能性が高いのです。
お客様からいただくよくある質問
Q.

はからめアプリとはどういうものでしょうか?

A.

「はからめアプリ」は、本サイトからご購入頂いたニオイカード/シリアルコードと組み合わせてご利用いただく「はからめ」の回答閲覧、専用アプリです。

Q.

通常(郵送)版との違いはなんでしょうか?

A.

通常(郵送)版では、回答用紙をポストに投函いただき、結果レポートが届くまで10日前後待たなくてはなりませんがこのアプリを使用した場合は、アプリ上ですぐに結果を確認する事が可能です。

Q.

アプリ版と通常(郵送)版は何が違うのでしょうか?

A.

一番大きな違いは費用と時間が掛かっても結果を紙で受け取る通常(郵送)版か手軽にすぐその場で結果を見るアプリ版かの違いとなります。
現時点でアプリ版をご利用いただく場合、前回との比較ができませんが通常(郵送)版は、前回・前々回との比較ができるようになっています。

Q.

使い方は難しくないでしょうか?

A.

回答閲覧限定のシンプルなアプリなので、最初から迷うこと無く使うことができるはずです。

まずは、ニオイカードがお手元に届きましたら
1) スマートフォン(アプリインストール必須)
2) ニオイカード
3) シリアルコード
をご準備の上、アプリを起動してみてください。
お手元に届く説明書を見ながら、手順に沿って操作いただくようお願いいたします。

Q.

実施にどれくらいの時間がかかりますか?

A.

個人差がありますが、スムースに回答する事が出来れば10分程で実施可能です。

Q.

アプリで悪い結果が出た場合は、どうすれば良いのでしょうか?

A.

基本的に、1度目はご自身の現状を知る上で参考としていただければ幸いです。しかし日常生活に支障が無いにも関わらず、極めて低い点数が出た場合は別の要因が考えられるため、再度実施いただくことをお勧めいたします。尚、その場合再度お買い求めいただく必要がございますのであらかじめご了承の程、よろしくお願いいたします。

Q.

風邪を引いているのですが、実施しても問題ないでしょうか?

A.

風邪を引いていたり、鼻が詰まっている場合はご利用を延期し体調が回復された際に実施いただくことをお勧めいたします。

Q.

「はからめ」を過去に実施した事があるのですが、その時の結果を引き継ぐ事は可能ですか?

A.

大変申し訳ございません。
通常(郵送)版とアプリ版のシステム連動はしていないため新規のお客様として、アプリで実施いただく形となります。

Q.

バージョンの古いスマートフォンでもインストール出来ますか?

A.

大変申し訳ございませんがスマートフォン端末の仕様やバージョンが多岐に渡るため、ご利用端末のご状況によってはアプリがご利用いただけない場合があります。
ご不安な場合は、ご購入前にインストールが可能かどうかをお試しいただく事を推奨いたします。

●iPhoneの方はこちら

●Androidの方はこちら

Q.

アプリ版のメリットとデメリットはなんでしょうか?
また郵送版との違いを教えてください。

A.

【アプリ版のメリット】
1) お試し価格で実施可能
2) すぐに結果がわかる
3) スマホで気楽に実施可能

【アプリ版のデメリット】
1) アプリのインストールが必要
2) 結果を紙で出力出来ない
3) 結果履歴が残らない(直近1回までは閲覧可)
4) 途中でパッケージ版に切り替えできない。

【通常(郵送)版のメリット】
1) スマートフォンが無くても実施可能
2) 結果レポートが紙で出力される
3) 前回、前々回と比較した結果が確認出来る

【通常(郵送)版のデメリット】
1) アプリ版と比べると高額
2) 回答用紙のポスト投函が必須
3) 郵送の繰り返しとなるため結果がすぐに分からない
4) 途中でアプリ版に切り替えできない。

気づくためのきっかけ作りに もの忘れアルかなチェックはからめ
簡単楽々!アプリ版公開記念限定!アプリでチェックなら通常4,500円よりも断然お得!アプリ版通常2,250円のところ送料無料で980円(税抜)【内容物】ニオイカード10枚、アプリQRコード、シリアルナンバー、利用説明書 アプリでは難しい、紙で結果が欲しいという方には郵送チェック!送料無料で4,500円(税抜)【内容物】
														  ・ニオイカード10枚・取扱説明書・解答用紙・返信用封筒 \年に一度のチェックが、早期発見のキッカケに! /アプリ版お申し込みはこちら 郵送版キットでのお申し込みはこちら
電話お申し込みはこちらから 【受付時間】平日10:00~17:00

アプリ版お申し込みはこちらから 24時間受付中